昼用のスキンケア用品



肌の状態を確認し、それに会わせてスキンケア用品を選ぶことが、購入時のポイントです。肌タイプで見る以外にも、スキンケア用品には昼用と夜用などがあります。肌質は知っていても、昼用夜用のスキンケア用品があるというのは知らないという人はきっと多いことでしょう。昼間は太陽が出ている時間帯ですので、昼に使うことが想定されているスキンケア用品にはUV対策の成分が含まれています。昼に使うローションや乳液は、UVカット効果もあり、化粧下地にもなるというものです。会社に行く時や短時間の買い物では、日焼け止めを用いずとも事足りるように考えられているわけです。戸外で活動する時間がいつもより長いという時は、化粧直しのちょっとした折りにUVカットのできるスキンケア用品を使うといいでしょう。ちょっとした合間にUVケアをすることが可能です。朝は何かと忙しいですが、UVケアのできるスキンケア用品なら手間も省けます。もちろん、昼と夜両方で使用可能なスキンケア用品もあります。その場合紫外線対策はしていないので、昼夜ともに同じスキンケア用品が使えます。ただし、スキンケア用品に紫外線対策がされていない場合は、UVカットクリームやパウダーをつけて紫外線から肌を守るようにするべきでしょう。昼用スキンケア用品は昼のみ使い、夜中に地位内容にしてください。昼用のスキンケア用品には、UVカットの成分が肌に負担をかけるので、肌の休息が必要な夜間の使用には向いていないので注意しましょう。スキンケア用品を選ぶ時には、昼には昼の、夜には夜の特徴があることを把握した上で商品を吟味してください。


タグ:スキンケア

シミ治療の前に




どんな点に注意してシミ治療を受ければいいでしょう。一般的には、シミは紫外線によってできると思われがちですが紫外線以外の原因もあります。肝斑の場合、女性ホルモンの影響によってできます。ストレスによってできるとも言われています。洗顔のときに、顔を強くこすると悪化する原因になります。妊娠やピルの服用も原因です。紫外線を避けていても肝班はできてしまうものですが、肝班のある時に紫外線を浴びるとシミが濃くなることがありますので、常に紫外線への備えは万全にしておきましょう。シミを薄くしたりわかりにくくすることは、皮膚科に行かずとも可能な部分があります。美白作用のある洗顔剤や化粧品の治療効果によって、シミを目立たなくさせることができます。情報は、新聞やインターネットなどで調べることができます。シミ取りの美容手術を取り扱っている美容クリニックもあり、そこならすぐにでもシミを除去できます。シミ取り技術は年々進んでおり、今ではレーザー治療やフォトフェイシャル、ケミカルピーリングなど多くの手法が存在します。紫外線は肌に良くない影響があるといいますが、どうして対策が必要なのでしょう。肌のシミや日焼けはメラニン色素が作られたためです。強い紫外線の影響でたくさんのメラニン色素が皮膚で作られると新陳代謝が追いつかず、真皮まで到達したメラニン色素が残ってしまいます。色素が沈着したままのシミの症状が進行すると、皮膚の状態にも影響が出てしまいます。シミ治療で皮膚科に行かねばならなくなる前に、普段から肌の状態には気を使いたいものです。

ミルククレンジングの方法




ミルククレンジングは、まだ日本では馴染みが薄い洗顔方法です。どのような手順で洗顔をすればいいのでしょう。ミルククレンジングの前に、アイメイクのようなくっきりしたメイクはオイルクレンジングなどで落としましょう。メイク落としができるくらいの洗浄力はミルククレンジングにありますが、部分的にアイメイクのような色の濃いメイクは、残ってしまう場合もあります。しっかりアイメイクを落としたら、顔全体にクリーム状や乳液状のクレンジング剤を広げていきましょう。とくに表情筋を意識しながらマッサージをし、筋肉を下から上に引き上げましょう。十分に皮脂汚れやメイク汚れを浮かせることが大切です。数分放置して汚れとミルククレンジング剤を馴染ませましょう。コットンのタオルで、馴染ませた後に抑えるように拭き取ります。すすぎ洗いを、32度程度のぬるま湯でするのもおすすめです。汚れをミルクの成分で落とし終えることがしっかりできたら、肌を弱酸性の収斂水をスプレーするなどして引き締めておきましょう。美容液や保湿剤の浸透効果が高まりますので、2、3分放置してから収斂水を拭き取るようにします。いつもの美容液や保湿クリームでお肌のお手入れをして、仕上げをしましょう。ミルククレンジングの仕上げにフェイスマッサージを施せばお肌の血流も良くなって保湿性も増し、たるみのない健康的な美肌が期待できます。
タグ:

しわ対策による肌の若返り




肌の若返りにはどんな方法があるのでしょうか。皮膚の老化によって真っ先に目につくのがしわの増加です。肌の若返りを目指すなら、しわを目立たなくするがあります。肌のしわを減らすには、若い頃のように肌の保水力を取り戻し、弾力のある肌にしなければならないでしょう。紫外線も肌を老化させるので、年齢だけがしわの原因にではありません。日焼けだけではなく光老化という作用もあるので、紫外線は肌の日焼け作用がよく知られていますがそれに限りません。サンスクリーン剤を使って、肌の若返りには光老化対策が必要ですので、肌を紫外線からきちんと守ってあげましょう。もししわができてしまっても、まだどうにか対策があるので大丈夫です。それよりもしわが深くならないように、さらに丁寧に乾燥対策や紫外線対策をしてください。近頃は、肌の再生を促進する真皮層のコラーゲンやエラスチンなどのスキンケア用品による若返りも効果があるといいます。若返り効果を期待できる方法としては、ビタミンCやイソフラボンを積極的に摂取し、肌の再生作用を促進して弾力を高めるというものもあります。皮膚科やエステサロンの整形で、スキンケア用品だけでは治せないしわを目立たなくすることもできるといいます。近年ではボトックス注射やヒアルロン注射など、メスを使わないプチ整形による肌の若返りも人気を集めています。
10分で理解するリバイタラッシュ
リバイタラッシュの勢いがとまりません。
各有名雑誌にもリバイタラッシュが毎週のように紹介されています
タグ:シワ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。