多汗症の治療と手術

メスを使って汗腺を取り除く多汗症の手術は、ボトックス注射がまだなかった頃はよく施されていたといいます。発汗の多い部位が手や足、脇だったという場合は、神経からの信号をシャットアウトする交換神経節ブロック術が行われていました。多汗症の症状が重い人にはとても効果がある治療法であり、手術の痕跡も数ミリ程度のものでした。もし多汗症の手術を受ける場合、日帰りもしくは一泊の入院がありました。交感神経ブロック術をしつつ、手術で汗腺を取り除くという治療法は、脇の下などに有効です。多汗症の原因となる汗腺の一つであるエクリン腺は、なかなか完全に取り除くことは難しい面があります。手術によってどの程度の治療効果があるかは異なりますが、例えば手術で汗腺をなくすと、個人差はありますが傾向として汗の出方は半分程度に減らすことができます。多汗症のために汗のにおいが気になる場合は、汗腺を除去する方法が非常に効果があります。わきが対策をしたい人には効果が高い手術なのです。ちなみにワキガや多汗症の手術には、健康保険が適用されます。多汗症の治療は、病院の皮膚科や美容整形外科でも受けられます。納得のいく多汗症治療を受けるためにも、数ある治療法から自分の症状と相性がいいものを探してください。

月の土地プレゼント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。