紫外線対策は体の中からでも出来る

紫外線対策は体の内側からも可能です。体の内と外の両側面からケアをすることが有効な方法となります。紫外線への効果的な対策方法としては、内部と外部の2つの取り組みがあります。紫外線によるお肌の影響を軽減する栄養素としては、βカロチン、リコピン、ビタミンCやEがあります。ビタミンCはほうれん草、小松菜、ピーマン、ブロッコリー、そしていちごなどの青果やイモに豊富に含まれています。シミの元になるメラニン色素の生成と沈着を抑えて紫外線対策に効果を生みます。ビタミンEを摂取するには、ピーナッツやアーモンドが適しています。このほかにはアスパラガスやカボチャなどの野菜類や、さんまやいか、いわし、きんめだい、たらこなどの魚もビタミンEを含んでいます。新しい皮膚が古い皮膚と入れ替わるよう、代謝を促進します。ビタミンを含む野菜はβカロチンも多いようです。にらやトマト、にんじんなども要チェックです。紫外線による皮膚の変化を抑制して紫外線対策に効果を生みます。卵や大豆のタンパク質や、野菜や肉を摂取することでリコピンの補充ができます。免疫機能を高めて体内の活性酵素の量を減らすことで、紫外線によってメラニンが作られないようにガードしてくれます。健康のために必要な栄養は様々なものがありますが、不足分はサプリメントで補うという方法もあります。偏らずに食事をしていれば、紫外線対策としては問題ありません。

養蜂堂のマカ王
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。