化粧品で紫外線カット

紫外線カットの機能を持つ化粧品が存在します。可視光線ではない紫外線は、目で見てその量をチェックすることができません。そのため、気づかないうちに浴びていることもあります。夏に海辺に出ていればすぐに赤く日焼けしてしまうので、紫外線が多いことも実感できます。けれども、夏場だけでなくそれ以外の季節も、紫外線は地球に届き肌に影響を及ぼしています。年間を通してのUVカットが重要です。紫外線対策が最も必要な時期は、その日の天候にもよりますが夏と冬です。UVカット効果をメインに宣伝している化粧品は、普段も大いに活用したいものです。紫外線は、わずかな時間の用事であっても、ベランダや庭に出ている時に肌に影響を及ぼします。窓の近くにいる時は、たとえ屋内でも紫外線カットをしたいものです。UVカット効果の化粧品はそういう意味でも効果的です。近年売り出されているUVカット商品は、全身用日焼け止めクリームと異なり、サラッとしたつけ心地や肌を白くしないという良さがあります。紫外線対策機能がない化粧品との違いはあまり大きくないようです。その化粧品がUVカット能力をどの程度有しているかについては、SPFによって判断ができます。冬場や普段使いの化粧品の場合は、それほど高いSPFは必要ありません。できるだけ紫外線カット効果のある化粧品を選んで使いたいものですね。

キューリンク 効果
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。