フォトフェイシャルとは

この季節しみの対策が気になるところですが、効果的なのがフォトフェイシャルです。光の照射で行う美容治療のことを、フォトフェイシャルと呼んでいます。アメリカで多くの人が利用したフォトフェイシャルが開発されたのは、1998年だそうです。手術後のダウンタイムを必要とせず、施術部位をガーゼで覆うなどの必要がないだけでなくメイクも可能なとても画期的な美容治療でした。切る美容施術から切らない美容施術へのさきがけといってもいい方法です。フォトフェイシャルの利点は、しみやそばかす、にきび跡など、様々な症状にまとめて対応できることでしょう。光をあて、熱エネルギーに変換させることでしみやそばかすの原因となる部分に効果を発揮するものなので、しみやそばかすの原因になるメラニンや、肌の赤みの原因となる毛細血管に照準をあてます。熱が生じるのは原因となる部分にだけなので、とくに素肌を傷つけることなく、解消したいしみやそばかすだけに効果があります。複数の肌トラブルを一気に解消すると同時に、肌細胞を活性化させコラーゲンの再生も活性化させます。コラーゲンによって促進されるのが代謝で、美肌効果が期待できるのは保湿力も強化されることによります。それと同時に新しい皮膚を再生させる作用が高まるのは、光の効果で肌の繊維芽細胞も活発になるからだそうです。フォトフェイシャルのは、痛みなどもないこともしみ対策には嬉しいところで、一度の施術は20分程度ですむということです。

口角 あげる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。